2010年07月30日

ビジネスで成功した人の暮らし

大志を抱いて起業し、成功という夢を叶えるとこんなにもすばらしい日々を送れるようになるのかというお話です。
いやはや痛快だったので、思わず紹介します。
人生って、結局こういうことなのかもしれませんね。




メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」
と尋ねた。 すると漁師は
「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。旅行者が
「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、
「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子供と遊んで、女房とシエスタ(昼寝)して。
 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。
 いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキシコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと
進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」
漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、
子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」

posted by Nako at 01:20| バンコク ☁| Comment(22) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

サッカーはお下品ね

ワールドカップで日本中が熱狂した直後で申し訳ないのですが、今回のワールドカップを一通り観戦して思った感想は、サッカーは審判が介入する余地が多すぎてフェアではないということ。
審判と選手はまるで不良学校の先生と生徒のスクールウォーズみたいで、大人のスポーツとしての気品にも欠けるような気がします。
大げさに言えば、審判の気分しだいで試合の7割以上はコントロールできてしまうのではないでしょうか。
審判しだいで入っているゴールが入っていないとか、明らかにコーナーキックなのにゴールキックにされたりとか、ペナルティエリアとその外では同じ反則でもファウルになったりならなかったりとか、事実を事実として認めないのならそれは一種のイリュージョンで、もはやスポーツとはいえません。
それとオフサイドを突破してゴールに向かう選手などは、まるで監視員の目を潜り抜けて刑務所を抜け出す盗人かなんかの受刑者のそれで、見ていて凄いと思いながらも爽快さは覚えません。
また審判のいないところでは選手同士も掴んだり蹴ったり罵り合ったりと汚いプレーの応酬。
あれは子供同士のけんかかいじめです。
ま、嫌いだったら別に見なけりゃいいんですが、やはり審判が多いスポーツなんて誰かがいざというときに勝敗をコントロールしたいから置いているわけで、その権力が大きければ大きいほど怪しいなと思いませんか。
毎回世界中が熱狂するワールドカップですが、儲かるのはいつもFIFAだけという構図。
自分はこんなものにびた一文搾取されてたまるかという派です。
その点、ゴルフなどは審判がいないから自立した大人のスポーツとしてまだお金出してやる価値があると思っています。
以上、とりとめもないことながら。

posted by Nako at 15:10| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

パチンコ CR大関!琴光喜

琴光喜ファンとして、大関の姿が土俵で見られなくなるのは寂しい。
せめてパチンコで復活してくれないかな。

パチンコ CR大関!琴光喜

現役最強の出玉感MAXのごっちぁんです右打ちマシン!!



▼リーチ演出
大嶽親方登場で期待大
当れば確変濃厚となるVS朝青龍や白鵬戦リーチは高信頼度で出現すれば大当りの期待が持てる。その他のリーチは直当りよりも、大嶽親方電話モードor肩代わりリーチへの発展に期待しよう。

▼ストーリー系リーチ
ストーリー系リーチはスポーツ新聞が届くものと大嶽親方と野球観戦に行くものとの二種類。スポーツ新聞は中日勝利の字が並ぶと激アツで、観戦リーチは大嶽親方ガッツポーズでスーパーリーチへと発展か?

▼解雇VS除名リーチ
信頼度50%オーバーの解雇VS除名リーチは、大嶽親方が白状して解雇ギミックが動き出せば大当りか。途中、横綱白鵬が花札を持って部屋に現れれば確変大当たり濃厚のようだ!!


導入日    : 2010年7月7日
メーカー   : 床山
大当り確率  : 1/319.6
確変中確率  : 1/35
賞球数    : 3&10&13
確変突入率  : 100%(54回転で終了)
大当り出玉  : 約1200個
時短内容   : 全ての大当り終了後50回転
潜伏確変   : あり
平均連チャン数: 回

【ボーダーライン】
換金率2.5円 : 19回
換金率3.0円 : 17回
換金率4.0円 : 16回
posted by Nako at 01:37| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKは大相撲を放送するべき!

野球賭博問題で角界を揺るがした琴光喜(34歳)だが、いま今後彼がどこに転職するのかが話題になっているのだとか。
「やはりプロレスか格闘技でしょう」
「ちゃんこ料理屋をやるのでは?」

色々な情報が飛びかうが、個人的に彼にやってほしいのはずばり「野球解説者」。
きっと日本一研究熱心で、放送中でも大嶽親方などからばんばん電話がなりっぱなしの人気ある野球解説者として、プロ野球を盛り上げてくれることと信じている。

ところでNHKが今場所の大相撲生中継を止めたというが、真面目にやっている力士の方が多いんだからこの決断はどうかなと思うし、海外で高い受信料払って視聴している人の中には相撲中継を楽しみにして加入した人も多いことだろう。
どうしても放送できないのなら、せめてモザイクをかけて放送したらよい。
そもそもロシア人力士のマワシの中には大麻が隠されている恐れもあるから、クリーンな相撲をアピールするために力士全員素っ裸にさせ、薄い頭も股間も全部モザイクかけて戦わせる。
勝利インタビュー時もモザイク処理で、喜びの発言は甲高い声にチェンジする。
また琴光喜の解雇なんぞ取り消してやり出場させてあげるが、罰則として彼の取り組みだけはCGで姿を消し、透明人間大関として出場させる。

それができないんなら、NHKはいっそのこと大相撲中継なんて止めてしまい、紙相撲中継でも放映してればいいんじゃない。
というか、公共放送のNHKが相撲中継で営利団体である企業の懸賞旗なんて映す事自体が間違ってるんですけどね。




posted by Nako at 01:20| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

琴光喜の最後の賭け

琴光喜が仲間内で、自分が解雇か除名になるかで賭けてたって噂はさすがに嘘でしょうけど、しかし貴重な日本人大関のあの姿が見られなくなるのは残念でなりません。
とにかく今回の件で相撲協会は、力士が賭博に関わったら解雇するという実績を作ってしまったわけです。そんなわけで、相撲取りは今後野球賭博はもちろん、じゃんけんやグーパージャスも厳禁。

賭博の定義
〜ギャンブルは人の射倖心をくすぐり、時に中毒的な依存状態から破産や人格崩壊に至り、果てには自殺、殺人に及ぶ場合もある〜

上を読むと賭博って怖いなあと思うけど、でも競馬、競輪、競艇、オートレース、競輪、宝くじ、TOTOなど世の中にはびこる賭博を主催し、TV広告バンバン流して射倖心を煽っているのってほとんど政府なんだよね。サッカー賭博なんて胴元はあの文部省でっせ。ふざけるなと言いたい。
NHKだって競馬のダービーとか、人を自殺や殺人に追い込む可能性のある「ギャンブル」を大っぴらに放映してるんだから偉そうなこというなって。
パチンコにしても、あんなにどこの田舎町行っても堂々とカジノ営業している日本って国は異常。景品を現金に換えるから合法(三点方式)ならば、カジノも野球賭博も麻雀もそうすれば合法なのかと管首相に聞いてみたい。
他にも株やFX、生命保険にしろ世の中ギャンブルだらけ。
年末の楽しみ、福袋だってギャンブルだ。
子供を塾に行かせるのもギャンブルだし、結婚なんていうのは人生最大の博打です。

最後に結論ですが、ギャンブルは全て失敗します。


posted by Nako at 14:44| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

エロサイトの勧誘はおやめください

最近このブログもコメントが増えてきたなあと眉を顰めて読んでみたら、全てエロサイトの勧誘でした。
内容は「こんなに○○なことしてもらっておまけに6万円ゲットwww」
のように、セックスができてお金ももらえる!!みたいなのが主流。
中には童貞プレミアというのがあり、童貞年数×1万円で女性があなたを買ってくれますという凄い企画もあった。

というか、今の日本の青年(おっさんもか)の中にはこんな簡単な仕掛けに「まじで!!」と引っかかったりするんでしょうか。いや、いるからやってるんだろうけど。

一度こういう詐欺会社の社内ミーティングとかあれば見学してみたいな。
以外に小奇麗な事務所で、会議室で社員一同が夜遅くまで真剣に意見交換などしていたりして。
テーマは「ホモ出会い系サイトの需要と仕組み」
どうでもいいが、こんな題目で残業はしたくないよおれは。


posted by Nako at 14:15| バンコク ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

事業仕分け・スピード違反がなくなる日

先月、事業仕分けとかで運転免許更新の際に渡される講習用教本が無駄だとか指摘されてました。
以前の日記でたまたま免許センターの無駄について書いていたので、まこと心からうれしい。
http://domotour.seesaa.net/article/148140968.html

もう一つ厳格に取り締まって欲しいものがある。
それは車のスピードだ。
我が車にもMAX280キロまで記載されたメーターが付いているが、どう考えても一体何のためにあるのかわからない。
日本で100キロ以上出せる道路はないのですから、車もきちんとそういう無駄なスピードが出ない設計にすることをメーカーに義務付けてください。
スピードの出しすぎが原因で交通事故を起こした人が年間何人いるでしょうか。半分は無駄なスピードを出せる車を販売したメーカーにも責任があるはずです。これ以上犠牲者を生まない為にも、どうか法律でメーカーに対するスピード規制を義務付けてください!

・緊急車両を除く全ての車両はどれだけアクセルを踏んでも100キロ以上出ない車両設計とする。
・一般道路ではセンサーを付け、標識のスピード以上出ない設計に改善する。

これで事故も減りますし、スピード違反摘発に伴う全国のカメラ設置費や通知にかかる郵送費、警察官や免許センター職員の人件費節約など、無駄な経費の事業仕分けにも繋がります。


ラベル:事業仕分け
posted by Nako at 03:03| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

これが理想の内閣

政治家が選挙(人気投票の一面を持つ)で選ばれる以上、芸能人やスポーツ選手が当選するケースが多々あるが、エスカレートすると終いには以下のようなオール有名人内閣が実現する可能性も無きにしろあらずあのである。


内閣総理大臣 辰巳琢郎
文部科学大臣 高見 映(ノッポさん)
法務大臣 小島よしお    
経済産業大臣 植草一秀
外務大臣 根本 七保子(デヴィ婦人)
財務大臣 野村 沙知代(サッチー)
国土交通大臣 鈴木 亜久里
厚生労働大臣 酒井法子(のりぴー)
環境大臣 麒麟田村
農林水産大臣 田中義剛
防衛大臣 小橋健太


こうしてラインナップを見ると、本当に日本を変えてくれそうな気がするのが怖い。

posted by Nako at 19:58| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 空想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

谷亮子 出馬?

柔道の谷亮子さんが民主党から比例代表で出馬されるそうですね。
彼女は政治家になっても柔道を続け、次のオリンピックでも金メダルを目指すというのだから凄い。
柔道家、母親、政治家と三足の草鞋を履くことは大変でしょうが、日本国の繁栄のためにも「地球を覆うほどの愛で」、柔道も政治も予選落ちにならないよう頑張ってください。

もうこうなったら他党はヤワラちゃんの対抗として、日本の90年代の男性を魅了してきた知名度抜群の美里真理さんを擁立して欲しい。キャッチフレーズは以下。

・セーラー服を着たままで 
・永田町のびしょ濡れ弁天
・国会で、絶叫しちゃったの! 

きっと彼女なら消費税引き上げにもを張って阻止してくれると思うし、高速道路に続いてビデオレンタルの無料化も実現してくれそう。そして男性議員からの下品なヤジ、批判なんかには動揺しないメンタルの強さ、また演技力も備わっている。
いや、まじで彼女が立候補したらわかりませんよ。少なくとも30代男性からの下半身票は相当期待できるはずです。




posted by Nako at 19:19| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

日本の免許センターは異常

先日日本の免許の更新で久しぶりに日本に帰国したのだが、その更新先である免許センターのあまりの異常さというか教官と呼ばれるおっさんの偉そうな態度に愕然とした。日本の皆さん、あれは世界的にもかなり異常な環境でっせ。
当日50人位の受講者がいたのだが、教官は開口早々、「免許の必要のない人はどうぞ講義をお聞きせず、ご自由にお帰りください」だって。
おいちょっと待て!みんな免許の更新するために平日仕事やバイト休んでこんなところに来てんじゃねえのか!!お金と時間をかけて集まった受講者に対してこんな失礼な発言を食らわす神経がまじでわからん。
で、受講中ちょっと下を向いている者がいると、「ねえ君、具合悪いんだったら無理していなくていいから、帰っていいよ」。
おい!てめえは悪代官かよ!!

で、講義の内容はというと、「我が県の交通死亡事故は全国のワースト3位で」とか、「死亡事故を起こしたドライバーは過去にも免許停止を食らっていた確立が高いのです、全く困ったものですね〜」とか、まるで他人事のように喋っているわけだが、「それって免許再発行した手前ら職員にも責任あるだろ!即刻ワースト3位の責任取って全員辞任しろ!!」と、ミゾオチにローリングソバットを三回お見舞いしてやりたくなるような内容。こんなくだらない講義に1時間以上の時間を費やしている自分が悔しいの何の。そして笑えるのが運転手としての適正チェック。「前の車がトロトロ走っているとイライラする」とかにYESとかNOで答えて行くのですが、全部正直にYESと答えてやった。が、その後回答に対して何の確認もなかったのであれは何の為のテストだったのか今もってわからない。あんな冊子を発行するのにまさか国民の血税が使われているのではと思うとぞっとしますですな。印刷屋は楽に儲かるでしょうが。
とにかく収入印紙から最後に免許を交付するためにだけのみ部屋に入ってきたおっさんとか、まさに無駄のオンパレード。
でもあの教官と呼ばれるおっさん達って元々警察か何かのOBなんですかね。高圧的というか、世間知らずというか、今まで人に頭下げることなくそこそこ偉そうに生きてきてしまった人間的な希薄さと人生観の幅の狭さが額に滲み出ておりますな。ああいう人種が定年後に誰かに乗せられて起業とか何かに手を出してくれれば最高なんですがね。まず失敗して自分の力量のなさを知り、それが経験となって他人にも優しくなれるから。
まあ言っても今回の自分の担当だった教官がただ1人異常だったのかもしれませんし、普通皆さん警察署で免許更新すると思うのでわざわざ免許センターで受講する人達がなんとなくワケアリ(自分も含め)だった可能性もありますが、少なくとも日本にああいった高慢な教官1人が存在しているという事実だけでも驚くべき経験でした。
それと収入印紙を売るおばさん、人の顔も見ずに「ありがとうございました」ってやめてくれ。そもそも収入印紙なんて本来誰も買いたくない強制のもの。そんなものに感謝の意を述べる必要が本当にあるんだろうかと問いたい。逆に本当に真心込めて感謝されても不気味ですが。
とにかく、国民の大切な税金を必ずしも必要とされないものに費やされている実態、そして特定の人種だけが潤う天下り制度には遺憾の意を表したい。
ところで、よく政治家が使う「遺憾の意」って、実際に表すると何がどう変わるんでしょうかね。


ラベル:スピード違反
posted by Nako at 03:22| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。