2008年08月15日

柔道、感動の銀メダル

いやはや、大方の予想に反して負けてしまいました。柔道の鈴木桂冶選手。
周囲を気にせず思いっきり勝負できた前回と、日本選手代表として勝って当然という今回の環境とでは精神的に違うものがあったのか。
まあ、終わったことは仕方ないですがそれにしても最強の三冠馬、ナリタブライアンがあっけなく負けた時を思い出す。残念。

ところでメダルには3種類あるわけですが、なんだか銀メダルってかわいそう。柔道の場合、銅メダルは敗者復活戦を勝ち上がって勝利後に掴むもの。だが銀メダルということは決勝で相手に何がしかの技を仕掛けられ負けているわけだ。

アナ「やったー!ニッポンのXX選手、見事な一本負けで銀メダルを獲得しましたー!!」

ゲスト「本当XX選手、嬉しそうな表情ですね。XX選手の良いことろだけが出た最高の柔道でした。胸を張って帰って来てほしいですね」


といったシチュエーションは考え難い。

ちなみに今現在、ジンバブエという国が金も銅もなく、この銀メダルのみ3個獲得しています。黙とう



posted by Nako at 03:50| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

北京オリンピック 柔道

北京オリンピックがはじまったが、注目はなんといっても柔道。
個人的に中〜大学まで柔道一直線の生活を送っていたので、日本代表に選ばれる選手のレベルの高さ、難しさ、練習量というものが多少わかるだけに、敗戦後の選手・勝利後の選手の発言にはグッとくるものがある。

基本的に柔道で日本代表に選ばれることはオリンピックで金を取るのと同じくらい難しいことだと思うが、さらに本番で金メダルを取るというのは何か実力以外に一つ、神がかり的な才能がないと難しい。

そこで思うのは性格。
ここ一番の大舞台で無心になれ、実力120%発揮できちゃう精神力というか、子供っぽい無邪気さがツキを呼ぶとみた。

そこで思い出すのが谷亮子選手、鈴木選手、井上選手。
上記3選手はかつてかなりの個性派だった。

その辺、谷選手は母親になってから随分落ち着いたというか、空気が読める女性(そうでないと子育てできない)になってしまったのかもしれない。結構披露宴の頃の無邪気さがなかったというか、試合運びが冷静過ぎて実力100%出しているがプラスアルファーがないように思えた。
北京オリンピックでの試合後のコメントも、すっかり大人の女性だったし。

井上選手(代表でないが)も自ら柔道中毒と言って、藤原ノリカに投げキッスしていた頃は最強だったが、愛する女性が出来てからは相手を思いやる気持ちが芽生えたのだろう。
もちろんそれは良いことだが、勝ち負けにこだわる勝負師には必要のないスキルといえばいえる。そう、彼も守る人ができ大人になったのだ。

そこで今大会期待大なのが鈴木選手。
彼のブログを拝見する限り、金メダルは鉄板であるとみた。

http://ameblo.jp/suzukikeiji/

この天然の明るさはきっと幸運を呼ぶ。
実力的にも、畳で滑る以外負けようがないだろう。

それともう一人注目なのが100キロ超級の石井慧選手。
地味ながら、あの強さは歴史に残る。
切れはないが、鉄のような重たい技を出す日本には珍しいタイプの選手である。
今年石井選手から1本取る選手は出ないと言っても過言ではなく、負けるとしたら審判の誤審以外ない。
また勝った後のあまり面白くないくそ真面目なコメントは、ボクシングの世界王者内藤大介選手を彷彿とさせる。
どっちも地味だが、大物だ。



ラベル:柔道 北京
posted by Nako at 01:54| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。