2008年09月01日

朝青龍いじめ

最近、朝青龍に関するニュースが多い。
中でも漫画家のやくみつる氏が横綱のポニーテール写真について苦言していた。
でもこれってどうなんだろう。
逆にもし朝青龍が実はハゲで、その写真を撮って掲載したら。

「土俵の外とはいえ、横綱が禿げていることを認めるわけにはいきません。これは明らかにマニュアルに反していますね。力士はマゲが基本ですから」

こんなことを言っては差別問題に発展するが、ハゲは良くてポニーテールが駄目というのはいかがなものか。馬に失礼。

というか、散々小うるさいことを言う相撲協会といういのは一体これまで何をしてきたんだろう。

思い付く限り、朝青龍の前の横綱だってかなりの個性派そろいだったはず。

・タトゥー入れてプロレスラーしている曙(ボノちゃん)
・洗脳問題・家庭問題の若貴兄弟
・バンバンビガロ戦でデビューした北尾
・ゴールデンアームボンバーの輪島

相撲協会は朝青龍をどうこう言う前に、日本人力士をしっかり育てることが先決なのだ。

この際朝青龍は下らない日本の相撲なんて捨てて、自分で新相撲団体を設立してはどうだろうか。

戦闘相撲「Sー1」

ルールは目潰し急所攻撃以外なんでもありで、膝蹴り、ぶちかまし、エルボー、首相撲なんでもあり。
相手をKOさせるか、土俵の外に落とすかで勝敗が決まる。

で、時には土俵外に熱湯ブロとか有刺鉄線とかビチグソ等を用意し、大仁田先生やミスターポーゴに出場してもらう。


大晦日 ドリームマッチ

三沢光晴VS千代大海
朝青龍VS小川直也
白鵬VSマサト
大仁田VSダチョウ上島
ミルコクロコップVSバルト










posted by Nako at 17:06| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。