2009年03月08日

おっぱいが大きい女は頭が悪い

「夜爪を切ると親の死目にあえない」

これは古くから日本に伝わる有名な迷信の一つだが、『夜爪』は「よづめ」と読み、“世詰め”または“余詰め”とも読めるので、『世詰め』は『早死に』を意味するというのが一つの理論。

でももっと単純に考えて、自分の爪が伸びているのを夜に気が付くような人は、きっと毎晩夜更かしし、翌日昼遅くまで腹出して寝ているような生活を送っている人が多いのではないか。
自分も学生時代そんな乱れた生活を送っていたこともあり、思えば爪はいつも夜に切っていた。
故に夜に爪を切るような生活してるといつまでたっても生活は安定せず、いずれ年取ってから親の死に目にも会えないようなピンチな人生を歩む可能性があるよという推論は成り立つ。

他の迷信では、例えば「おっぱいが大きい女は頭が悪い」
というのがある。
この迷信にまさか科学的根拠はないだろうが、以下仮説。

おっぱいが大きくてそこそこ可愛い女というのはもうそれだけである程度異性の注目を集められるので、そんなに知性など磨かなくとも女を武器にしながら楽に男を捕獲してきた可能性が高い。
例えば両腕でおっぱい挟んで「宜しくおねがいしま〜す」とぶりっ子した挨拶をしたり、飲み会の席で
「XXさん、わたしって胸が大きいせいか肩こりが酷いんですよ〜」
「うそ、じゃあオレが肩揉んであげるよ〜^^」
「え〜、もうやめてくださいよ〜〜!」
「冗談だってば〜〜〜!」

とか言えば男なんぞもうイチコロだ。
このように、巨乳女はバカを装った振りをしながら楽に男を騙すことができるため、知性なんぞ磨かなくとも食って来れたのかもしれない。

逆に貧乳でたいして顔も良くない女は良い男をゲットするため、知性や性格の良さ、特技、また良妻になりそうな片鱗を男に見せないといけないため、様々な努力をしなければならなかった。また最悪男を取り損ねた場合、自分ひとりで長い人生を生きてゆかなくてはならないので、仕事に対する熱意も人並み以上に大きい。
結果、巨乳と貧乳の差は歴然とする。


ところで、迷信はタイにももちろんある。
例えば
「生まれたばかりの赤ちゃんに「可愛い」と言うと悪霊がやってきて子供を連れ去ってしまうので、子供にニックネームをつける場合は酷い名前をつける」というのがある。

言われてみると、たしかにタイ人には豚とかデブとかウンコ、またオナラとかタワシとかいう変なニックネームの人がやたらと多い。
会社の上司の名前が「ウンコ課長」とかでもぜんぜんあり得るのがタイ社会だし、恋人の名が「オナラちゃん」とかでも、「オレ死ぬまで愛してるよ、オナラのこと」と呟けるのである。

ウンコ課長もオナラちゃんも「こんなことならガキのころ悪魔に連れ去られた方がよっぽどましだったよっ!」

とは思わないのがタイ人の偉大なところであるが。


ラベル:迷信 タイ
posted by Nako at 02:55| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

指でシャシャシャ三時間してきました!
Excerpt: 肉棒より指攻めが好きなナースに三時間クチュクチュしてきましたw 後半は普通に肉棒いれて中に出してたけど失神して気付いてなかったwww それで39萬もらえるとかオイシすぎるwww
Weblog: あわび本太郎
Tracked: 2009-03-08 22:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。