2010年07月05日

琴光喜の最後の賭け

琴光喜が仲間内で、自分が解雇か除名になるかで賭けてたって噂はさすがに嘘でしょうけど、しかし貴重な日本人大関のあの姿が見られなくなるのは残念でなりません。
とにかく今回の件で相撲協会は、力士が賭博に関わったら解雇するという実績を作ってしまったわけです。そんなわけで、相撲取りは今後野球賭博はもちろん、じゃんけんやグーパージャスも厳禁。

賭博の定義
〜ギャンブルは人の射倖心をくすぐり、時に中毒的な依存状態から破産や人格崩壊に至り、果てには自殺、殺人に及ぶ場合もある〜

上を読むと賭博って怖いなあと思うけど、でも競馬、競輪、競艇、オートレース、競輪、宝くじ、TOTOなど世の中にはびこる賭博を主催し、TV広告バンバン流して射倖心を煽っているのってほとんど政府なんだよね。サッカー賭博なんて胴元はあの文部省でっせ。ふざけるなと言いたい。
NHKだって競馬のダービーとか、人を自殺や殺人に追い込む可能性のある「ギャンブル」を大っぴらに放映してるんだから偉そうなこというなって。
パチンコにしても、あんなにどこの田舎町行っても堂々とカジノ営業している日本って国は異常。景品を現金に換えるから合法(三点方式)ならば、カジノも野球賭博も麻雀もそうすれば合法なのかと管首相に聞いてみたい。
他にも株やFX、生命保険にしろ世の中ギャンブルだらけ。
年末の楽しみ、福袋だってギャンブルだ。
子供を塾に行かせるのもギャンブルだし、結婚なんていうのは人生最大の博打です。

最後に結論ですが、ギャンブルは全て失敗します。


posted by Nako at 14:44| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
菅直人首相?
Posted by 管首相 at 2010年07月05日 22:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。