2010年07月15日

サッカーはお下品ね

ワールドカップで日本中が熱狂した直後で申し訳ないのですが、今回のワールドカップを一通り観戦して思った感想は、サッカーは審判が介入する余地が多すぎてフェアではないということ。
審判と選手はまるで不良学校の先生と生徒のスクールウォーズみたいで、大人のスポーツとしての気品にも欠けるような気がします。
大げさに言えば、審判の気分しだいで試合の7割以上はコントロールできてしまうのではないでしょうか。
審判しだいで入っているゴールが入っていないとか、明らかにコーナーキックなのにゴールキックにされたりとか、ペナルティエリアとその外では同じ反則でもファウルになったりならなかったりとか、事実を事実として認めないのならそれは一種のイリュージョンで、もはやスポーツとはいえません。
それとオフサイドを突破してゴールに向かう選手などは、まるで監視員の目を潜り抜けて刑務所を抜け出す盗人かなんかの受刑者のそれで、見ていて凄いと思いながらも爽快さは覚えません。
また審判のいないところでは選手同士も掴んだり蹴ったり罵り合ったりと汚いプレーの応酬。
あれは子供同士のけんかかいじめです。
ま、嫌いだったら別に見なけりゃいいんですが、やはり審判が多いスポーツなんて誰かがいざというときに勝敗をコントロールしたいから置いているわけで、その権力が大きければ大きいほど怪しいなと思いませんか。
毎回世界中が熱狂するワールドカップですが、儲かるのはいつもFIFAだけという構図。
自分はこんなものにびた一文搾取されてたまるかという派です。
その点、ゴルフなどは審判がいないから自立した大人のスポーツとしてまだお金出してやる価値があると思っています。
以上、とりとめもないことながら。

posted by Nako at 15:10| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

パチンコ CR大関!琴光喜

琴光喜ファンとして、大関の姿が土俵で見られなくなるのは寂しい。
せめてパチンコで復活してくれないかな。

パチンコ CR大関!琴光喜

現役最強の出玉感MAXのごっちぁんです右打ちマシン!!



▼リーチ演出
大嶽親方登場で期待大
当れば確変濃厚となるVS朝青龍や白鵬戦リーチは高信頼度で出現すれば大当りの期待が持てる。その他のリーチは直当りよりも、大嶽親方電話モードor肩代わりリーチへの発展に期待しよう。

▼ストーリー系リーチ
ストーリー系リーチはスポーツ新聞が届くものと大嶽親方と野球観戦に行くものとの二種類。スポーツ新聞は中日勝利の字が並ぶと激アツで、観戦リーチは大嶽親方ガッツポーズでスーパーリーチへと発展か?

▼解雇VS除名リーチ
信頼度50%オーバーの解雇VS除名リーチは、大嶽親方が白状して解雇ギミックが動き出せば大当りか。途中、横綱白鵬が花札を持って部屋に現れれば確変大当たり濃厚のようだ!!


導入日    : 2010年7月7日
メーカー   : 床山
大当り確率  : 1/319.6
確変中確率  : 1/35
賞球数    : 3&10&13
確変突入率  : 100%(54回転で終了)
大当り出玉  : 約1200個
時短内容   : 全ての大当り終了後50回転
潜伏確変   : あり
平均連チャン数: 回

【ボーダーライン】
換金率2.5円 : 19回
換金率3.0円 : 17回
換金率4.0円 : 16回
posted by Nako at 01:37| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKは大相撲を放送するべき!

野球賭博問題で角界を揺るがした琴光喜(34歳)だが、いま今後彼がどこに転職するのかが話題になっているのだとか。
「やはりプロレスか格闘技でしょう」
「ちゃんこ料理屋をやるのでは?」

色々な情報が飛びかうが、個人的に彼にやってほしいのはずばり「野球解説者」。
きっと日本一研究熱心で、放送中でも大嶽親方などからばんばん電話がなりっぱなしの人気ある野球解説者として、プロ野球を盛り上げてくれることと信じている。

ところでNHKが今場所の大相撲生中継を止めたというが、真面目にやっている力士の方が多いんだからこの決断はどうかなと思うし、海外で高い受信料払って視聴している人の中には相撲中継を楽しみにして加入した人も多いことだろう。
どうしても放送できないのなら、せめてモザイクをかけて放送したらよい。
そもそもロシア人力士のマワシの中には大麻が隠されている恐れもあるから、クリーンな相撲をアピールするために力士全員素っ裸にさせ、薄い頭も股間も全部モザイクかけて戦わせる。
勝利インタビュー時もモザイク処理で、喜びの発言は甲高い声にチェンジする。
また琴光喜の解雇なんぞ取り消してやり出場させてあげるが、罰則として彼の取り組みだけはCGで姿を消し、透明人間大関として出場させる。

それができないんなら、NHKはいっそのこと大相撲中継なんて止めてしまい、紙相撲中継でも放映してればいいんじゃない。
というか、公共放送のNHKが相撲中継で営利団体である企業の懸賞旗なんて映す事自体が間違ってるんですけどね。




posted by Nako at 01:20| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

琴光喜の最後の賭け

琴光喜が仲間内で、自分が解雇か除名になるかで賭けてたって噂はさすがに嘘でしょうけど、しかし貴重な日本人大関のあの姿が見られなくなるのは残念でなりません。
とにかく今回の件で相撲協会は、力士が賭博に関わったら解雇するという実績を作ってしまったわけです。そんなわけで、相撲取りは今後野球賭博はもちろん、じゃんけんやグーパージャスも厳禁。

賭博の定義
〜ギャンブルは人の射倖心をくすぐり、時に中毒的な依存状態から破産や人格崩壊に至り、果てには自殺、殺人に及ぶ場合もある〜

上を読むと賭博って怖いなあと思うけど、でも競馬、競輪、競艇、オートレース、競輪、宝くじ、TOTOなど世の中にはびこる賭博を主催し、TV広告バンバン流して射倖心を煽っているのってほとんど政府なんだよね。サッカー賭博なんて胴元はあの文部省でっせ。ふざけるなと言いたい。
NHKだって競馬のダービーとか、人を自殺や殺人に追い込む可能性のある「ギャンブル」を大っぴらに放映してるんだから偉そうなこというなって。
パチンコにしても、あんなにどこの田舎町行っても堂々とカジノ営業している日本って国は異常。景品を現金に換えるから合法(三点方式)ならば、カジノも野球賭博も麻雀もそうすれば合法なのかと管首相に聞いてみたい。
他にも株やFX、生命保険にしろ世の中ギャンブルだらけ。
年末の楽しみ、福袋だってギャンブルだ。
子供を塾に行かせるのもギャンブルだし、結婚なんていうのは人生最大の博打です。

最後に結論ですが、ギャンブルは全て失敗します。


posted by Nako at 14:44| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

事業仕分け・スピード違反がなくなる日

先月、事業仕分けとかで運転免許更新の際に渡される講習用教本が無駄だとか指摘されてました。
以前の日記でたまたま免許センターの無駄について書いていたので、まこと心からうれしい。
http://domotour.seesaa.net/article/148140968.html

もう一つ厳格に取り締まって欲しいものがある。
それは車のスピードだ。
我が車にもMAX280キロまで記載されたメーターが付いているが、どう考えても一体何のためにあるのかわからない。
日本で100キロ以上出せる道路はないのですから、車もきちんとそういう無駄なスピードが出ない設計にすることをメーカーに義務付けてください。
スピードの出しすぎが原因で交通事故を起こした人が年間何人いるでしょうか。半分は無駄なスピードを出せる車を販売したメーカーにも責任があるはずです。これ以上犠牲者を生まない為にも、どうか法律でメーカーに対するスピード規制を義務付けてください!

・緊急車両を除く全ての車両はどれだけアクセルを踏んでも100キロ以上出ない車両設計とする。
・一般道路ではセンサーを付け、標識のスピード以上出ない設計に改善する。

これで事故も減りますし、スピード違反摘発に伴う全国のカメラ設置費や通知にかかる郵送費、警察官や免許センター職員の人件費節約など、無駄な経費の事業仕分けにも繋がります。


ラベル:事業仕分け
posted by Nako at 03:03| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

谷亮子 出馬?

柔道の谷亮子さんが民主党から比例代表で出馬されるそうですね。
彼女は政治家になっても柔道を続け、次のオリンピックでも金メダルを目指すというのだから凄い。
柔道家、母親、政治家と三足の草鞋を履くことは大変でしょうが、日本国の繁栄のためにも「地球を覆うほどの愛で」、柔道も政治も予選落ちにならないよう頑張ってください。

もうこうなったら他党はヤワラちゃんの対抗として、日本の90年代の男性を魅了してきた知名度抜群の美里真理さんを擁立して欲しい。キャッチフレーズは以下。

・セーラー服を着たままで 
・永田町のびしょ濡れ弁天
・国会で、絶叫しちゃったの! 

きっと彼女なら消費税引き上げにもを張って阻止してくれると思うし、高速道路に続いてビデオレンタルの無料化も実現してくれそう。そして男性議員からの下品なヤジ、批判なんかには動揺しないメンタルの強さ、また演技力も備わっている。
いや、まじで彼女が立候補したらわかりませんよ。少なくとも30代男性からの下半身票は相当期待できるはずです。




posted by Nako at 19:19| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

空も飛べるはず

子供の頃から鳥になって自由に大空を泳ぐ空想にふける癖があり、大人になった今でも時折その癖が顔を出す。

飛ぶことなんてできず、常に地球の重力に引っ張られ重苦しい生活をしている人間。

もし自分が空を飛べたのなら・・・。

愛しい人と、蒼白い月光に照らされ揺れる海の上を、波の音だけをBGMに、いつまでも漂っていたい。
そして深い森の泉の麓に降り立った二人は、そこでそっと甘くキスを交わす・・。

しかし実際は飛ぶのに体力を使い果たし、「はあはあ・・ぜいぜい」しながら汗だくになって必死に浮遊している姿も想像できる。
また二人の翼がぶつかった痛さでお互いが罪を擦り付け合って喧嘩になったり、羽の音が煩くて「何言ってんだか聞こえねえよっ!」と怒鳴りあったりしてしまうのかもしれない。これはかなりドン引きの光景だ。

またよくよく考えてみると、空を飛べるのは何も鳥だけではない。
蚊だって空を飛んでいるし、ハエにしても相当素早く、そして自在に空間を移動している。

A_Fly_by_Matthias_Zimmermann.jpg


ただ蚊やハエの欠点は、どちらも打点が低いことだ。
ハエのように飛べたところで、所詮デートはウンチの上。
キスはゴミ捨て場。ハネムーン、養豚場。余命3日。

こう考えてみると、大人になった今ではただ子供の空想的に「空を飛びたい!」というだけでは通用しないことがわかる。

エレガントに空を飛ぶためには、以下の事項に留意しなければならない。
1・体力の激しい消耗が予想されるので、前日は飲酒を控え、早めに寝ること
2・夜の空は冷えるので、防寒対策を万全にすること
3・血圧の高い人は医者の指示に従い、決して無理をしないこと
4・外出前は家族の者などに予め行き先、帰りの時刻等を伝えておくこと


これって、久しぶりにゴルフに行く中高年の前日のようですわな。





posted by Nako at 16:21| バンコク | Comment(1) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

島田神介の笑いは科学 タケシとサンマと松本人志

たまにネットの動画で日本のTVを観ていると、ここにきて島田神介さんの露出が多いことにちょっと衝撃を受ける。
「おおっ、あの年でまだ一線級に復活して活躍してるなんて凄いなー!」
という衝撃である。
氏がかつて漫才ブームで売れたことは知っているが、コンビを解散した以降に思春期を迎えた世代にとって、島田神介という名前はそれほど価値も知名度もなかったように思う。少なくとも関東では。
それより漫才ブームからずっと一級線で仕事をしてきたビートたけしのほうが数倍のネームバリューがあり、人気も魅力も絶大であった。
少なくとも関東では。
しかしだ。ネットで見る限り、最近の島田神介は妙に面白く、ヘキサゴンなどでもわかるようにその「少なくとも関東では」の若者達にも受け入れられているようなのである。

確かに神介に司会をやらせればゲストとの絡みも上手く、その絡む配分やタイミングなどは最初から計算されているかのようだ。
ただし、島田神介の笑いは松本人志やタケシやサンマとはジャンルが異なる。
一言で言えば最初から計算され尽くした笑いというか、科学物質的な笑いなのである。
薬剤師が風邪に効く成分を調べて薬を調合するように、神介は笑いの成分、リズム、法則を調べて笑いを調合する天才なのだ。

その点、松本人志などは彼自身が一番のお笑いファンの薬草、高麗人参なもの。
笑いは計算などされておらず、そのときの感性勝負。
神介からしたらきっと恐ろしい存在に違いない。
何故なら自分が研究して味見して、材料もルーも世界から取り寄せて作った最高のカレーライスが、近所のおばさんがその辺のスーパーで買ってきた材料で作ったカレーより人気があるようなものなのだから。
「ほんまけっ!一体なんなんやこのおばんは!なんでやねんな!」という松本への恐怖が神介にはあるに違いない。

サンマは彼自身がお笑い茸で、笑いの成分が身体から飛び散っているようなもの。人には絶対に真似できないし、かつてサンマのお笑い路線を真似できた人も、しようとした人もいない。まさしく生まれながらのお笑いの怪童。
タケシは猛獣使いで、その猛獣は何しろ本人。自分がライオンになるときもあるし、そのライオンに乗っかりピエロを演じることもある。
猛獣とピエロという、激しい幅の振り子を己の体内で繰り返しており、その落差(お笑いと暴力)と自己への厳しさがビートたけしの顔に滲み出ている。ちなみにきっとタケシはお笑い好きではなく、ただ世間をお笑いというツールを使いながらぶん殴ってきたのである。その辺は松本人志などのお笑いオタクとはかなり違うところ。
タケシは激しい二面性が噴火した火山で、そのマグマは映画監督となり、お笑い、暴力、監督という三つの支点が出来た。
ここでもう一つの大きな支点が出来れば振り子は横だけでなく、揺れながら360℃回転するような強力な動きとなるはずだ。
でも最近のタケシは猛獣からパンダになって、餌食べながらウンコしているだけで客が喜ぶというちょっとずるい路線に移った。しかしこれはこれで唯一無二の世界。
今後80年は誰にも真似できないことだろう。

話は反れたが、純粋に「笑い」という部分のみで考えた場合、真の天才は誰だろうと思うと、それはやはり松本でもタケシでもなく、神介なのかもしれないと思う。そして今後一番稼ぐのも神介だろう。

何故なら神介は既存の笑いに加え、その時代の笑いの良い成分を吸収しながら常に進化し、笑いを作曲して行けるからだ。
しかしこの変化し続けるというのは簡単そうで実は誰も出来ないことなのだから、やはり神介は天才的な才能とセンスを持っているとしか思えない。
その点、高麗人参は高麗人参以外にはなれないのである。

posted by Nako at 15:23| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

三沢光晴 急死 

6月13日、プロレスラー・三沢光晴が急死したというニュースを見て驚く。
三沢といえばレスラーの中でも特に受身の上手な選手で、これまでもジャンボ鶴田、スティーブウイリアムスといった名選手の鬼のような急角度バックドロップを何発も食らってきている選手だ。
そんな三沢選手が今回のような・・・
今年の春でノアのテレビ中継が打ち切りという話は聞いていたが、きっと社長としての三沢光晴はそんなリアルな問題で心労が重なり、試合に集中できないほど体調が悪かったとしか考えられない。

三沢選手には沢山の思い出がある。
90年代に全日本プロレスの看板レスラーだった天龍源一郎が退団した時、当時誰が見ても「もう全日はやばい」と思った。
どうやばかったかというと、まずジャンボ鶴田以外に看板となる日本人選手が残っておらず、ジャンボだけが消化試合を行っているような状態だったのだ。そこに無理やりジャンボ鶴田のライバルに担ぎ出されてきたなというのが三沢だった。ただその時のジャンボは最強で、とても三沢じゃジャンボの相手にもならないというのがファンの認識だったのだ。当時は。
またその三沢の下に続く川田などはまだ天龍レボリューション時代のサムソン冬木のパシリという匂いが抜けず、試合中でもよく泡を吹いて失神しているような駄目青年という感じだったし、小橋もまだ空中サッポウなどでそこそこ勝てるようになっていたが、特に目立たない並みの選手だった(まさか後に彼が絶対王者と呼ばれるなど誰も思わなかったはずだ)。
しかしそんなファンのネガティブな予想と悲観を、三沢は不屈の闘志で裏切ってみせたのだ。

三沢が初めてジャンボに勝ったときの感動は忘れない。
アナウンサーも喉を枯らし、「三沢が勝った〜!!三沢が勝った〜!!」と絶叫していた。
今の時代で例えるなら、吉田秀彦がヒョードルを倒してしまうようなものに近い。それほどジャンボは無敵だったのである。

その勝ち方も、ジャンボに無理やり勝たせてもらったようには見せないほど内容が濃く、死闘の末の勝利で、ファンに世代交代と全日のエースは三沢という印象を植えつけた歴史的な一戦であった。
そしてその活躍に引っ張られるように、川田、小橋といった若手選手もどんどん成長し、全日はいつの間にかまさかの復活と異様な盛り上がりを取り戻したのであった。
が、それから数年で馬場社長、鶴田と全日の巨頭が相次いで他界し、全日の秩序と威厳は再び無と化した。
色々な確執があったのだろうが、結局三沢は選手を引き連れて独立という意外な道を選び、新団体を立ち上げ、社長とレスラーという二束のわらじをはくことになった。まだプロレスに陽が当たっていた時代である。最初からTV放送もついていたし、選手には希望があった。

それからプロレスはK−1やPRIDEなどの新しい風に押され、次第に影を潜めてゆくのだが、三沢の立ち上げたノアはそんな時代の流れにも左右されない、独自のプロレス哲学を突き進んでいたのでコアなファンを魅了した。
しかしそんなプロレスの原点ノアに、ついに2009年、TV放送の打ち切りという、経営者にとっては死刑宣告に等しい切実な問題が忍び寄せた。
三沢達選手に何の非があったというのだろう。体を酷使し、40を過ぎた男達がボロボロになって日々戦って来たのだ。
しかし時代の流れは冷たい。経営者の三沢は、相手にエルボーを見舞いながら寂しかったと思う。
痛い思いしても金と名声に繋がったプロレス黄金期は良かった。
死のリスクと引き換えに場外に飛んだ姿を全国のファンが熱狂してくれた日があった。
しかし今は・・・。

多くの選手を養う三沢社長の心は複雑だったに違いない。


今回三沢選手の訃報を知って本当に驚いた。
自分が少年時代に熱狂した大好きな選手が死んだのだから当然である。
しかし、三沢選手にはまだ頑張って欲しかったという気はない。
何故なら私の中でプロレスはもはや過去の残像になってしまっているからだ。
例えるなら、昔付き合っていた彼女のことを思い出す、その程度なのである。
「どこかで元気にしてくれていれば良い」とは思うが、でも風のうわさで彼女に不幸があったと聞けばそれはやはり悲しい。
でもかといって彼女にも家庭があるし、こちらから何もしてあげられる立場にないしそんな余裕もない。また彼女もそんなこと望んでいないだろう。こんなのきっと俺のエゴなんだよ。

そんな感覚であるが、それにしても今回のニュースはさすがにちょっとこたえたな〜。
三沢光晴、すごかったよ!


ラベル:三沢光晴
posted by Nako at 21:06| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

おっぱいが大きい女は頭が悪い

「夜爪を切ると親の死目にあえない」

これは古くから日本に伝わる有名な迷信の一つだが、『夜爪』は「よづめ」と読み、“世詰め”または“余詰め”とも読めるので、『世詰め』は『早死に』を意味するというのが一つの理論。

でももっと単純に考えて、自分の爪が伸びているのを夜に気が付くような人は、きっと毎晩夜更かしし、翌日昼遅くまで腹出して寝ているような生活を送っている人が多いのではないか。
自分も学生時代そんな乱れた生活を送っていたこともあり、思えば爪はいつも夜に切っていた。
故に夜に爪を切るような生活してるといつまでたっても生活は安定せず、いずれ年取ってから親の死に目にも会えないようなピンチな人生を歩む可能性があるよという推論は成り立つ。

他の迷信では、例えば「おっぱいが大きい女は頭が悪い」
というのがある。
この迷信にまさか科学的根拠はないだろうが、以下仮説。

おっぱいが大きくてそこそこ可愛い女というのはもうそれだけである程度異性の注目を集められるので、そんなに知性など磨かなくとも女を武器にしながら楽に男を捕獲してきた可能性が高い。
例えば両腕でおっぱい挟んで「宜しくおねがいしま〜す」とぶりっ子した挨拶をしたり、飲み会の席で
「XXさん、わたしって胸が大きいせいか肩こりが酷いんですよ〜」
「うそ、じゃあオレが肩揉んであげるよ〜^^」
「え〜、もうやめてくださいよ〜〜!」
「冗談だってば〜〜〜!」

とか言えば男なんぞもうイチコロだ。
このように、巨乳女はバカを装った振りをしながら楽に男を騙すことができるため、知性なんぞ磨かなくとも食って来れたのかもしれない。

逆に貧乳でたいして顔も良くない女は良い男をゲットするため、知性や性格の良さ、特技、また良妻になりそうな片鱗を男に見せないといけないため、様々な努力をしなければならなかった。また最悪男を取り損ねた場合、自分ひとりで長い人生を生きてゆかなくてはならないので、仕事に対する熱意も人並み以上に大きい。
結果、巨乳と貧乳の差は歴然とする。


ところで、迷信はタイにももちろんある。
例えば
「生まれたばかりの赤ちゃんに「可愛い」と言うと悪霊がやってきて子供を連れ去ってしまうので、子供にニックネームをつける場合は酷い名前をつける」というのがある。

言われてみると、たしかにタイ人には豚とかデブとかウンコ、またオナラとかタワシとかいう変なニックネームの人がやたらと多い。
会社の上司の名前が「ウンコ課長」とかでもぜんぜんあり得るのがタイ社会だし、恋人の名が「オナラちゃん」とかでも、「オレ死ぬまで愛してるよ、オナラのこと」と呟けるのである。

ウンコ課長もオナラちゃんも「こんなことならガキのころ悪魔に連れ去られた方がよっぽどましだったよっ!」

とは思わないのがタイ人の偉大なところであるが。


ラベル:迷信 タイ
posted by Nako at 02:55| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

松下奈緒は偉い

先日飛行機の中で、松下奈緒を見かけた。
よくぞまあこんな清楚で美しい人がいるものだと、私はまるで昼中のサトウキビ畑で物の怪と遭遇したかのように驚いた。


matsu.jpg


家に帰って色々調べてみると、彼女はピアニストかつ女優であり、現在ドラマや映画などに引っ張りだこの売れっ子なのだという。
彼女の少し日本人離れしたエキゾチックな顔立ちには知性が溢れ、そしてなんといっても眼に力がある。
またプロフィールには1985年生まれと書いてあるが、とても20代前半には見えない落ち着きと風格も既に漂い始めている。

このようなスーパーウーマンを生み出した兵庫県という土地にどういう土壌と文化があるのか大変興味深いし、松下奈緒を松下奈緒に育て上げたご両親も素晴らしいし偉いなと思う。

それにしても、こんな才女が女優なんていう人の手垢と泥に塗れた仕事をやっているのはもったいなくないだろうか。スポンサー広告も取れなくなったこの時代にTVの仕事なんてやるのは超人墓場のドクターボンベみたいなもので、あんなのはその辺のモーニングなんとかとか目立ちたいだけの3流芸人連中に任せておき、松下奈緒のような気品溢れる才女は国が誇る代表として、世界の音楽や文化の向上に繋がる壮大な仕事、言うなれば世界への貢献にその情熱を注いでいただきたいものである。


ところでこういう素晴らしい女性がいる一方で、最近の日本人の若い女の喋り方がどうも品がなく萎える。

「え〜、でも〜、っていうか〜、わたしもうすっごくびっくりしちゃって〜〜」

語尾を延ばしゆっくりと離すことで「私ってちょっととろくてかわいくて少し天然だけど、意外に自分の個性がしっかり確立されていて周りには流されないけど可憐な乙女」
な自分を演じているつもりだろうが、はっきりいって見苦しくて青臭く品下がり以外の何ものでもない。

ああいう女達は自分のガキがクソやおしっこを漏らしたときも

「ええ〜、まじくさいっていうか〜、その前になんで泣き止まないわけ〜、もうわたしぜったいムリ〜〜!」

とか言うのだろうか。
しかし残念ながら、いくら「わたしムリ〜」って言ってもガキはかまわずクソをもらして泣き喚き、おまけにやっと寝たと思ったら寝顔が段々憎たらしい旦那の顔に似てきたりして、何もかも全くあなたの思い通りにはならないものなのです。

福田元首相ではないが、「まあせいぜい今の内に楽しい夢でも見て、自分が何にでもなれる、もっと自分を表現したいとかほざきながら頑張ってください。けっ!」



ラベル:松下奈緒
posted by Nako at 14:33| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

ぽこ○ん裁判

「ハンバーガーとフレンチフライの食べ過ぎで肥満になったのはマックの説明不足が原因だ!」

「コーヒーをこぼして火傷をしたのはマックのコーヒーが熱すぎたからだ」


どれもアメリカで裁判となった本当の話である。
実際コーヒー事件では、陪審員はマックに対して約300万ドルの支払いを命じている。
こんなことで大金を掴めるのなら、私も来世はアメリカ人に生まれ変わり、訴訟をおこしまくりたいと思う。


「一日6回もオナニーしてぽこちんが腫れてしまったのは、柚木ティナ(RIO)がカワイ過ぎるからだ。彼女に会わせて触らせろ!」


「ダッチワイフに口で空気を入れてたらほっぺが痛くなった。おかげで治療費がソープより高くついたじゃねえか。お詫びに一回ソープに連れてけ!」


「痩せる石鹸で身体を洗っていたら、ぽこちんまで痩せてしまった。元々ビッグで女達をヒーヒー言わしていた俺のぽこちんなのに、こんなに小さくなったおかげで誰からも相手にされなくなったのは痩せる石鹸のせいだ!縮んだ分元に戻してくれよっ!!」


もし私が陪審員だったら、涙を浮かべながら「痩せる石鹸が悪い!」と叫ぶことだろう。
でも検証した結果、科学的に石鹸には痩せる効果が何も実証されなかった場合、原告は逆に悲しい。




posted by Nako at 14:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。