2009年06月11日

イサーンのお祭り

今日はメコン川のほとりのお寺の近くで、小さなお祭りがありました。

maturi.JPG

洋服やおもちゃ、射的などのゲームといった屋台が所狭しとならび、中には刺青されたキューピー人形が80バーツで売られていました。
(写真撮らなかった俺のばか)
品揃えは「?」でしたが、夕暮れのメコン川の風に吹かれながら、一個10バーツのアイスクリームを食べながらショボショボ歩いてみるのもなかなか良い気持ち。
帰りに夜のビールのつまみにスルメイカを5枚ほど買い、お寺で線香を上げてから帰宅。
あー、ビールがマイウー!


tera.JPG


posted by Nako at 01:29| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | イサーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

ネズミの楽園

世界同時不況で、世の中大変なことになっている。
銀行の貸し渋り、従業員解雇、内定取り消し、犯罪の増加。これから益々嫌なことがおきそうで心配だ。
ただ、よく考えると地球は何も変わらず何億年も前から回転しているだけなのに、やれ人類だけが不況だ景気回復だと毎年喚いているのはちょっとおかしい。

タイではネズミが多く道端でも見かけるほどだが、彼らにしたら食べ物溢れるバンコクなどは夢の楽園なのかもしれない。
また最近蚊が多くて困るが、蚊にしたら「世の中、若い女子の栄養ばかりでたまりませんな〜」と鼻血を流しているかもしれない。
このように、何事も他者の立場にたって考えることは必要だろう。

などと屁理屈を考えながら家の前を散歩していたら、こんな素敵な風景に出くわした。

isan1.JPG

きっとこのお父さんにとって、大切なことは牛と子供の成長。
そこにはリストラや倒産という言葉はないに違いない。
元々経済などとは無縁なイサーンであったが、むしろこういう逆境の世の中には強く、また逆に言えばようやく世界がイサーンに追いついたともいえる。
人間、本来こんな自然に暮らすことも出来るんだということを教えられた一時であった。
ラベル:イサーン
posted by Nako at 15:31| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | イサーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

「夢」イサーンでゴルフ・500円

1ラウンド500円。こんなゴルフ場があったら夢のようだ。毎日でも通いたい、とゴルファーなら思うであろう。
が、その夢が夢で終わらない場所が地球にはある。そう、そこがここイサーン地方、ナコーン・パノムなのです。

美しい女性が笑顔で迎えてくれる高級感漂うレセプション。

S6300972.JPG
↑おばさん時たま机にうっつぶして寝ています。

重厚な造りのお茶屋さんで、入れたてのコーヒー片手に店子の女の子と会話する至福の時。

S6300980.JPG
↑これがイサーン風お茶屋。基本的にお釣りがないことが多い。
S6300982.JPG
↑毎日ここで働く女の子。午後15:00には店じまい。

綺麗で機転の利くキャディーさん。
ホールインワン賞には目を疑うような豪華な商品がたくさん懸かっている。よしっ!オレもホールインワン狙うぞ!!

S6300985.JPG
↑というか、おいらのクラブ曲がりそうなんすけど・・商品は意味不明。
S6300977.JPG
↑打った後、無言で去りゆくキャディーさん。で、球は乗ったのかい!?


とまあ、全体的にシンプルではありましたが。
しかしコースは値段とは反して決して簡単ではなく、アンジュレーションも距離もある戦略性の高いコースレイアウトとなっています。

日中ここでゴルフをし、夕方メコン川の近くのレストランで一杯というのが最近の私のゴールデンコース。
なおナコーン・パノムはバンコクより2〜3℃は気温が低いので、その分快適にプレーできますよ。

この不思議なコースに、あなたも挑戦してみませんか。


ラベル:ゴルフ イサーン
posted by Nako at 16:52| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | イサーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

ホーチミンの隠れ家 ナコーンパノム

タイ・ナコーンパノム県で一番有名というか、唯一の観光名所といえば「ホーチミンの隠れ家」かもしれない。
場所は「超」田園風景の中にひっそり佇む何の変哲もない民家で、まさかここにホーチミンが住んでいるとは当時のアメリカ軍も気が付かなかったことであろう。

S6301011.JPG

S6301026.JPG

それと以前、ナコーンパノム県はタクシン元首相とべトネム国家主席との会談の舞台にも選ばれたくらいで、国家主席も会談の後この隠れ家を訪問したそうだ。
べトネム人にとってこの場所がいかに神聖なる場所なのかということがわかる一例だし、また実際今も毎日多くの観光客がここを訪れている。
私も特に理由はないがこのホーおじさんの家は花が綺麗で雰囲気も良い場所なので年に4回くらいは訪れ、ホーチミンの子孫といわれる(今この家に住んでいる人)おじさんとたわいもない話をして楽しんでいる。

S6301014.JPG

「この間大きなココナッツの実が頭のすぐ近くに落ちてきて、危うく他界するところだったよ」
みたいな。

S6301013.JPG
↑ 確かに死にそう

世界同時恐慌、タイの内政不安などで社会全体が暗い雰囲気ですが、元々あまり経済に囚われていない(無縁ともいう)タイの田舎の人々は本当にある意味優雅に暮らしています。
皆さんもしお時間ありましたら是非ナコーンパノムに遊びに来てくださいね。我が家の辛おいしいイサーン料理でおもてなしさせていただきます。
またゴルフされる方は一緒に行きましょう。
1ラウンド150B(約450円)也。







ラベル:ホーチミン
posted by Nako at 02:27| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イサーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

牧場を作りました

今年の春先のある朝、警察官で義理の兄であるバード兄さんが突然牛を連れて我が店DOMOSHOPにやって来た。

01.JPG


『 おいコージ(私の名)、良い牛だろ。こいつはメスだからな、そうだ、名前はビーに決めた。よしっ、いくぞビー、わははっ!』

と笑ったあと、義理の兄は私の店の裏の空き地のほうへ牛と一緒に消えていった。
なんでも巡回先の農家から安く仕入れてきたというのだが、話の脈絡から察するにどうやら私の裏の空いている土地でこの牛のビー嬢を飼おうとしているようだ(無断で)。


06.JPG


まあ裏の土地は今のところ何にも使っていない空き地なので使ってもらっても構わないのではあるが、しかし人の店に何の予告もなく突如牛を連れてきてもらっても困るんですけど・・(しかも朝7時)。バード兄貴。
ただあれほど幸せそうな笑顔で堂々と人の店に不法侵入(牛と一緒に)してきたこの義兄を追い返せるほどの精神力を私は持たなかった(この辺が私の限界か)。

ということで、今年からDOMOSHOPの裏は突如『牧場』と相成りました♪
そしておめでたいことに現在ビーさん妊娠したという朗報が。
春先には子が生まれるそうで、我が牧場も一段と賑やかになる予定です。 
嬉しいな、るんるんっ♪ ←って素直に喜べるか!


ビーの写真(クリックで拡大)

16.JPG
posted by Nako at 21:32| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イサーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。