2009年07月01日

三崎和雄を応援します

総合格闘家として活躍する戦極の三崎和雄選手が有罪判決を受けたそうだ。
「えっ!何だ?どうした!」
と思ってニュースを読んでみると、話は三崎選手が携帯電話を使いながら運転していたところ警察に捕まりそうになり、止まらず逃げたところ警察の手にミラーがあたったというだけの話。

misaki.jpg

なーんだ。まあ逃げるのは三崎選手が悪いということに世間ではなるだろうけど、しっかし日本の警察くだらねえな、というのが感想である。
携帯電話とかぜんぜん迷惑でないのに駐車違反切符切ったりとか、てめえらそれ以上にやること沢山あるんだろうがよっ!
だいたいミラーに手が当たったくらいで懲役1年てなんなんだよ!
警察が生意気にたかりみたいなことしてんじゃねえぞ!
税金を払ってやってる国民様をなめんじゃねえぞ!!

と、つい熱くなってしまったが、実は私は三崎選手には人一倍の思い入れがある。
何故なら私が高校生時代、三崎選手とは柔道の県大会で良く顔を合わせていたのだ。私も関東大会に出場経験があり、県大会でも入賞したことがあったりと唯一柔道は得意だったが、三崎選手とは団体戦で一度対戦したことがあり、このときは試合開始3分頃に内股で一本を取られて負けた思い出がある。
とまあ話は戻りますけど、今回有罪判決となった三崎選手、そんなの気にしないで普通に試合に出るべきだと思います。はい。
それと他にもあの頃私と同じ時代に柔道をやっていた中では、吉田道場で活躍する村田龍一という選手がいる。

murata.jpg

彼はたしか八千代松陰高校だったと記憶しているが、当時から柔道は天才といえるほど強く(体落としが特にすごかった)て、彼と同じ階級で出場していた私は「ああ、あいつには勝てないな。永久に」と素早く確信した。ちなみに村田選手はいっつも県大会で優勝していましたな。
総合の世界でも頑張って欲しいです。村田龍一選手、応援してまっせ!

ところで日本の警察だが、先日のスマップの草なぎ剛の事件にしても、タイで暮らす私としたらあんなの別に裏で処理してやればいいじゃん!という感じである。別に人に襲い掛かったわけでも物壊したわけでもないのにいいじゃんか別に。
それを鬼の首取ったみたいに騒ぐなんて大人気ないと思いませんか。
あんなの草なぎさんを見つけた警察官のくだらない正義感と名誉欲と功名心としか思えませんな。
それよりも、「草ヌギさん(草なぎか)、今回は見なかったことにしますから。これからも日本国民へ娯楽を提供し元気をわけてやってください。応援しています」
と言い残し、ふっと消えてゆくような粋なお巡りさんはいないのかね。
タイなんて素っ裸のオヤジが一升瓶抱えてバンコクの街中歩いていたって別に誰も気にかけませんけどね。






ラベル:三崎和雄
posted by Nako at 02:01| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

バンコク 非常事態宣言

タイのメイン空港、スワンナプーム空港が閉鎖されてから早くも1週間が経過しようとしている。
今日も日本からの知人が来る予定だったが、やむを得ずキャンセルとなった。
現在私は仕事の関係でバンコクと田舎を行き来する生活をしているのだが、バンコクの我が住まいと空港までとが非常に近いので、結構怖い。まず空港への道路が閉鎖されているせいか道路がいつにも増して渋滞しているし、食料不足の噂がたったのか、近所のスーパーでは行列が出来ていた。また今朝は近所の家から

息子「オレも空港に行って参加してくるぜ!国を変えるんだ!」
母 「あんた、アホなことは止めなさい!いいから仕事しろ!!」

といったやり合いが聞こえてきた。

ところで空港を閉鎖している団体は「民主主義のための市民同盟」、PADという黄色の服を着た集団だが、どう贔屓目に見ても民主主義とは思えない。

「農民は判断力がないから選挙させても意味がない」

「次からの選挙は7割を自分達の任命制、残りの3割を選挙で選ぶ」

といった自分達に都合の良い発言ばかり。

これまでタクシン派政権がどうこう言われてきたが、公平に見れば現政権は選挙で勝って存在しているのだから、現政権に正義があるのは言うまでもないし、退陣する必要などはない。
ただその場合、自分達の思い通りにならなかったPADと政府支持派が町中で暴動を起こす可能性が高くなる。
こうなると治安は悪化し、観光客はもちろん在タイ日本企業なども撤退せざるおえなくなるだろう。ついでに私も危なくなる。

逆に現政権が今暴れている「民主主義のための市民同盟・PAD」の言い分を飲んでしまった場合、これまで築き上げてきたタイの民主主義は崩壊し、今後100年世界から遅れることになるだろう。



posted by Nako at 22:45| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

朝青龍と堀江貴文

相撲協会から厳重な処分が下されて久しい朝青龍。

九月の秋場所と十一月の九州場所の二場所の出場停止と謹慎、四カ月間の減俸。
実際、朝青龍はこれまで数々のトラブルを起こしてきた。


出稽古では他の部屋の力士を壊す

倒した力士にひざげりする

座布団を蹴っ飛ばす

酔っ払って部屋のドアをブチ破る

仮病してサッカーする


今回の重い処分、相撲協会としてはこれまで積もり積もった怒りが噴き出したということであると思う。
また同時にこれまで好き勝手やってきた朝青龍に対する周囲の嫉妬も多分に作用していることだろう。


この男の嫉妬というのは実は凄く怖い。
最近ではライブドアの堀江貴文なども一時経済界での横綱に昇格したかと思われたが、この周囲の嫉妬から奈落の外に落とされた。

朝青龍も堀江も破天荒だという面で似ている。
またどちらも天上天下唯我独尊的態度が濃厚なキャラだ。
また朝青龍はモンゴルで偉大な実業家としての名も高い。
若干26歳の横綱、まさに自分に不可能な事はないと思えるのに十分な環境が整っている。

この夢のないご時世、大いに魅力的な両者だとは思うのだが、やはり世の中は一人の天才より、10人の凡人を食わすことで成り立っているのである。
飼いならされたライオンは社会で生存し得るが、野生のライオンは人により淘汰される。


今回の処分は彼にとって人生の大きな試練である。
仮病してサッカーをやったからというのは処分のきっかけに過ぎず、そのことはどうでもいい。
重要なのは今回の騒動は彼の慢心が生んだということだ。


ここで腐って相撲を辞めるか。
自分のプライドと意地を精神の良質のものに昇華させ復帰するか。


この試練は相撲取りとしてではなく、一人の男としての大きな試練だと思う。

もちろん、乗り越えてほしいからこうして書いているし、乗り越えたときこの人物が持つ才能はよりいっそう輝きを増すのであろう。

朝青龍、そしてほりえもん。




続きを読む
ラベル:朝青龍 堀江貴文
posted by Nako at 02:24| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。