2008年08月12日

北京オリンピック 柔道

北京オリンピックがはじまったが、注目はなんといっても柔道。
個人的に中〜大学まで柔道一直線の生活を送っていたので、日本代表に選ばれる選手のレベルの高さ、難しさ、練習量というものが多少わかるだけに、敗戦後の選手・勝利後の選手の発言にはグッとくるものがある。

基本的に柔道で日本代表に選ばれることはオリンピックで金を取るのと同じくらい難しいことだと思うが、さらに本番で金メダルを取るというのは何か実力以外に一つ、神がかり的な才能がないと難しい。

そこで思うのは性格。
ここ一番の大舞台で無心になれ、実力120%発揮できちゃう精神力というか、子供っぽい無邪気さがツキを呼ぶとみた。

そこで思い出すのが谷亮子選手、鈴木選手、井上選手。
上記3選手はかつてかなりの個性派だった。

その辺、谷選手は母親になってから随分落ち着いたというか、空気が読める女性(そうでないと子育てできない)になってしまったのかもしれない。結構披露宴の頃の無邪気さがなかったというか、試合運びが冷静過ぎて実力100%出しているがプラスアルファーがないように思えた。
北京オリンピックでの試合後のコメントも、すっかり大人の女性だったし。

井上選手(代表でないが)も自ら柔道中毒と言って、藤原ノリカに投げキッスしていた頃は最強だったが、愛する女性が出来てからは相手を思いやる気持ちが芽生えたのだろう。
もちろんそれは良いことだが、勝ち負けにこだわる勝負師には必要のないスキルといえばいえる。そう、彼も守る人ができ大人になったのだ。

そこで今大会期待大なのが鈴木選手。
彼のブログを拝見する限り、金メダルは鉄板であるとみた。

http://ameblo.jp/suzukikeiji/

この天然の明るさはきっと幸運を呼ぶ。
実力的にも、畳で滑る以外負けようがないだろう。

それともう一人注目なのが100キロ超級の石井慧選手。
地味ながら、あの強さは歴史に残る。
切れはないが、鉄のような重たい技を出す日本には珍しいタイプの選手である。
今年石井選手から1本取る選手は出ないと言っても過言ではなく、負けるとしたら審判の誤審以外ない。
また勝った後のあまり面白くないくそ真面目なコメントは、ボクシングの世界王者内藤大介選手を彷彿とさせる。
どっちも地味だが、大物だ。



ラベル:柔道 北京
posted by Nako at 01:54| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

パタヤでダイビング

日曜、天気が良かったのでパタヤの海にダイビングしに行ってきた。
・・・なんて書くといかにもダイビングの達人のようだが、実は初体験ですの。いやん。

とまあ、ゴルフの方では有名なタイなのだが、実はタイの海は世界でも有数のダイビングポイントとして結構いろんな国のダイバーから注目されているとのこと。知らなかったよとっちゃん!ということでチャレンジ決意。

S6300304.JPG


青空快晴。船に揺られて1時間、目的のダイビングポイントに到着。
酸素ボンベを担ぎ、レギュレーターを銜えて潜水の準備完了。

S6300350.JPG

高鳴る鼓動とともに、インストラクター(以下コーチ)と一緒に不安満開で潜ってみた海の中。
コーチに導かれゆっくり沈んで行くと、目の前には地上とは違う幻想的な風景が広がり始めていた。
海底に到着すると、そこには全身真っ黒なウニが哲学的な姿で佇んでいて、「到底君とは分かり合えないな」といった呆れたブルーの眼差しで私を見たあと、こちらが近づいていった水圧で30センチほど後方に吹き飛んだ。まけねーぞ。

その吹き飛んだ黒いウニの上空に目をやると、今度はスズメダイの群れがヒラリヒラリと通り過ぎて行く。
気が付けば私の身体は重力というものを失っていて、海底と水平な体勢で今しがた通り過ぎて行った魚を追っている。まるで宇宙空間を彷徨っているかのようだ。

傍で付き添ってくれているコーチがマスクをゆっくり開きながら、そっと息を吐く。
するとその吐いた息は銀色の水泡リングへと変貌を遂げ、蒼い海面の高みに招かれるよう、輝きながら静かに昇っていった。
うーん、ファンタスティック!
気が付けば初ダイブの緊張などすっかり忘れており、私は辺り一体を胡蝶のように泳ぎながら今まで見たこともない世界に心底心酔していた。ああ、このままずっと海中を彷徨っていたい!というところで30分が経過し、私の初ダイビングは終了。
久しぶりに地上に出て(大げさ)青空を眺めながら、「オレもダイビングライセンスを取るのだ」と誓った中年の午後3時であった。

S6300316.JPG

コーチから一言
「ダイビングは海があればどこでも楽しめます。初心者の方も全く心配いりません。必要な道具も全て用意していますので、まずは手ぶらで気軽に参加してみてください。海にはゴルフとはまた違う素敵な世界が広がっていますよ」

後でコーチに聞いたところ、パタヤの海にはトウアカクマノミやタツノオトシゴもいるということ。おお、レアッ!

最後、連れて行った娘と辺りをパシャパシャ。

S6300356.JPG
posted by Nako at 02:06| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

朝青龍と堀江貴文

相撲協会から厳重な処分が下されて久しい朝青龍。

九月の秋場所と十一月の九州場所の二場所の出場停止と謹慎、四カ月間の減俸。
実際、朝青龍はこれまで数々のトラブルを起こしてきた。


出稽古では他の部屋の力士を壊す

倒した力士にひざげりする

座布団を蹴っ飛ばす

酔っ払って部屋のドアをブチ破る

仮病してサッカーする


今回の重い処分、相撲協会としてはこれまで積もり積もった怒りが噴き出したということであると思う。
また同時にこれまで好き勝手やってきた朝青龍に対する周囲の嫉妬も多分に作用していることだろう。


この男の嫉妬というのは実は凄く怖い。
最近ではライブドアの堀江貴文なども一時経済界での横綱に昇格したかと思われたが、この周囲の嫉妬から奈落の外に落とされた。

朝青龍も堀江も破天荒だという面で似ている。
またどちらも天上天下唯我独尊的態度が濃厚なキャラだ。
また朝青龍はモンゴルで偉大な実業家としての名も高い。
若干26歳の横綱、まさに自分に不可能な事はないと思えるのに十分な環境が整っている。

この夢のないご時世、大いに魅力的な両者だとは思うのだが、やはり世の中は一人の天才より、10人の凡人を食わすことで成り立っているのである。
飼いならされたライオンは社会で生存し得るが、野生のライオンは人により淘汰される。


今回の処分は彼にとって人生の大きな試練である。
仮病してサッカーをやったからというのは処分のきっかけに過ぎず、そのことはどうでもいい。
重要なのは今回の騒動は彼の慢心が生んだということだ。


ここで腐って相撲を辞めるか。
自分のプライドと意地を精神の良質のものに昇華させ復帰するか。


この試練は相撲取りとしてではなく、一人の男としての大きな試練だと思う。

もちろん、乗り越えてほしいからこうして書いているし、乗り越えたときこの人物が持つ才能はよりいっそう輝きを増すのであろう。

朝青龍、そしてほりえもん。




続きを読む
ラベル:朝青龍 堀江貴文
posted by Nako at 02:24| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

タンポポの花

私には、花を見て楽しむ能力が欠損しているらしい。

10代の頃、家族で北海道のお花畑に行ったことがあったが、この時も実に平坦な印象を受けた。

しかし花好きの人達にとってこの風景は、おそらく無類の喜びで全身の鳥肌が立つに相応しいヴィジョンとして映っているに違いない。
そう思うと、自分の中に花を楽しむ能力がないことが非常に残念に思えた。

だが20代も後半に差し掛かった近頃、ようやく私にも花を楽しむ能力がにわかに芽生えてきた気配を感じている。おそらくこれは、一番身近な存在である私の妻が無類の花好きであるということも影響してのことだろう。

花の色彩は黄色であることが好ましく、また道の隅っこにひっそりと咲いているような花に親しみを覚え、つきつめて言えばタンポポの花が好きだ。

タンポポは可憐というよりどちらかといえばマイナーな花であるかもしれないが、最近では道端にこの花が咲いていると、思わず足を止めて眺めてしまうこともある。

地味で目立ちこそしないが、健気に自分の人生を構築している。

マイナーではあるけど、たくましい生命力に満ち溢れている。

きっと私は、そんなタンポポの花のような存在にシンパシーを感じているのだと思う。


思えば私の父親も、マイナーなものが好きだった。

ファミコンブームが絶頂だった小学生の頃、「僕にもファミコン買って」とねだる息子に父親が買ってくれたものは、当時誰も見向きもしないSEGAのハードだった。

父親は、「これから間違いなく主流になるのはSEGAだから」と先見の明を力強く論じていたが、結局その目論見が的中する日はこなかった。

この父親のマイナー志向はスポーツにも顕著に表れ、例えばTVで巨人ー阪神戦が行なわれている時にしても、父親が応援しているのは当然阪神である。
ただし阪神ファンかといえばそんなことはなく、どうやら巨人を相手に戦っているチームならどこでも応援しているという風なのだ。

また父親は競馬もたしなむが、特に地方馬が中央競馬に参戦してきた時の熱の入れようは尋常ではない。

その地方馬が下馬評でまったく無印であることなどは何処吹く風で、「勝負はやってみないとわからない」と、その馬の単勝馬券をせっせと購入していたりする。こんな調子でやっているためか、父が競馬で儲けたという話しは聞いたこともない。


このように父親は、一事が万事、常にマイナーな存在を応援しているし、きっとそうすることが自分の生甲斐なのだろう。

思えば私には三つ上の姉が1人いる。
この姉は一流大学から一流企業に就職したという、いわば秀才タイプである。

しかし父親はこれまで、優秀な姉よりはいつだって私のことをかわいがってきてくれたように思う。


これまでどうしてだろうと不思議に思っていたものだが、今日その理由がなんとなくわかったような気がする。





posted by Nako at 20:43| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

マクドナルド IN タイランド

バンコクにあるマクドナルドでの一枚。

20070306389.jpg


タイのドナルドはワイポーズ(合掌)をするのがこちらでのスタンダードのようですな。
いかにも仏教国のタイらしくてかわいいのですが、そういえば同じ
仏教国である日本のドナルドはワイをしていない。

そうか・・やはり日本は世界から仏教国として認められていないのか。これは文化的にも歴史的にも悔しいことであるなあ。

そうだ、僕たちは今こそ日本人として立ち上がらなければならない時なんじゃないか!!


ということで、今後タイに進出した日系企業や飲食店は全てこの下の人形を店頭やオフィスに設置したらどうだろうと提案してみる。








ippennsyounin1.jpg


■一遍上人
時宗の開祖。伊予の有力武士、河野通広の子として生まれる。建長3年浄土宗西山派の証空の弟子聖達に入門。信濃善光寺などに参籠し念仏往生をさとる。弘長3年、父の死により、還俗して家督を継いだが一族の所領争いなどで希望を失い、ふたたび出家。紀伊熊野権現で神託を得、全国を遊行。踊り念仏をひろめ、おおくの庶民をはじめ公家、武家にもあがめられた。通称は遊行上人。諡号は円照大師、証誠大師。
posted by Nako at 18:06| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

バンコク整形外科

取材の仕事でバンコクにある整形クリニックを訪問してきました。
待合室もキレイでスタッフの対応も良く、先生もフレンドリーで全体的な雰囲気は非常にグッド。ここは日本じゃないかと錯覚するくらい。

room.bmp
院内イメージ

しみじみ、『タイも変わったなあ・・』と感心してしまいました。

ところが、治療室の入り口の上方に飾られてある額縁を見て唖然。
きっと先生が日本に行った時に買ってきたのか、あるいは誰かからお土産でもらったものなのであろう。








『失敗したっていいじゃない、人間だもの』





ninngen.bmp

ラベル:人間だもの
posted by Nako at 13:21| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

牧場を作りました

今年の春先のある朝、警察官で義理の兄であるバード兄さんが突然牛を連れて我が店DOMOSHOPにやって来た。

01.JPG


『 おいコージ(私の名)、良い牛だろ。こいつはメスだからな、そうだ、名前はビーに決めた。よしっ、いくぞビー、わははっ!』

と笑ったあと、義理の兄は私の店の裏の空き地のほうへ牛と一緒に消えていった。
なんでも巡回先の農家から安く仕入れてきたというのだが、話の脈絡から察するにどうやら私の裏の空いている土地でこの牛のビー嬢を飼おうとしているようだ(無断で)。


06.JPG


まあ裏の土地は今のところ何にも使っていない空き地なので使ってもらっても構わないのではあるが、しかし人の店に何の予告もなく突如牛を連れてきてもらっても困るんですけど・・(しかも朝7時)。バード兄貴。
ただあれほど幸せそうな笑顔で堂々と人の店に不法侵入(牛と一緒に)してきたこの義兄を追い返せるほどの精神力を私は持たなかった(この辺が私の限界か)。

ということで、今年からDOMOSHOPの裏は突如『牧場』と相成りました♪
そしておめでたいことに現在ビーさん妊娠したという朗報が。
春先には子が生まれるそうで、我が牧場も一段と賑やかになる予定です。 
嬉しいな、るんるんっ♪ ←って素直に喜べるか!


ビーの写真(クリックで拡大)

16.JPG
posted by Nako at 21:32| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イサーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。